東金市で注文住宅を建てる上で知っておきたいことと具体的なメリットとは

一軒家

こんなところを注意・検討してみよう!

手のひらにのせた家のオブジェ

最近の注文住宅では、省エネ設計、耐震設計に注意をするのは当たり前になっています。そこで、省エネ設計としては、先ず電気を自前で発電するかどうかと言うこととあまり電気などのエネルギーを使わない方法を考えることです。では、自前で発電する方法としては主流は太陽光発電とガス(電気も必要ですが)で発電する方式でしょう。時代とともに変わってくるのでしょうが、電気を貯める所謂蓄電システムが小型で廉価なものが出てくれば、できるだけ多くのソーラーパネルを設置して蓄電して夜の電気も自前で賄ってしまえばベストなのですが、まだそこまでには至っていないでしょう。ここで太陽光ですから昼間発電するのですが、どこの家でも昼間はそんなに電気を使わないので売電と言うシステムを使っており、一般の電気より高く買い取ってくれることになっています。しかし、この負担は一般の消費者に課せられており、猫も杓子も太陽発電をするようになったらどうなることか分からなくなると思います。また、ガスを用いた発電はその会社とよく相談されて採算ベース(太陽光同じ)を検討して、資金と相談して決定してください。
次に省エネと言う観点で考えると、エネルギーを使わなければよいので、住宅を注文するときには、例えば断熱による省エネを考えますと、壁、天井や床の断熱はもとより窓部分と窓と壁の接触部分(建売だと結構スウスウすることあり)などをしっかりすることです。

トピックス

新着情報

TOP